オタフク滑車

滑車とは、ワイヤーロープをシーブ(車輪のようなもの)に巻きつけて、ワイヤーの向き(力)の方向を変える機械です。古くから井戸の釣瓶などで使われてきました。
「オタフク滑車」は40年余りの製品供給実績を基に、日々改良を図っており幅広いラインアップで、林業、土木工事を始め、ゴルフ練習場のネット張り、船具など多岐にわたる業界でご愛用いただいております。

SB型(シャックル式1車)
オタフク滑車

単純な構造のため、使用荷重を大きくとれますが、滑車の取付向きによりシーブの方向が決まりますので、ワイヤーの取り回し計画を厳密に決める必要があります。土木工事などクレーン用途として使用されるのは、ほとんどがこのタイプです。

SB3

SB4

SB5~SB8

SB10~SB12

型式 ベアリング 使用荷重
(kg)
A
(mm)
R
(mm)
φD
(mm)
H
(mm)
B
(mm)
C
(mm)
dφ(mm) E
(mm)
重量
(kg)
番号 数(個)
SB3F 6202z 1 500 16 7 60 180 90 55 11 13 1.0
SB4F/H 6203z 1 1000 17 8 75 200 120 60 16 16 1.7
SB5F/H 6204z 2 1500 20 10 100 270 140 65 19 22 3.2
SB6F/H 6204z 2 2000 20 10 125 300 160 75 24 19 5.0
SB7F/H 6305z 2 3000 24 10 145 360 180 90 26 27 7.5
SB8F/H 6306z 2 3500 24 10 180 390 220 105 26 25 9.8
SB10F/H 6307z 2 4000 27 10 230 430 285 110 32 27 14.0
SB12F/H 6307z 2 4500 28 10 266 480 320 110 32 27 16.5
  • カタログ寸法は予告なしに変更する場合があります
  • 5~12はベアリング給脂用グリスニップル付
  • Fは鍛造シーブ / Hは鍛造シーブに焼入れ処理

SBW型(シャックル式2車)
オタフク滑車

シャックル式の2車タイプです。

SBW4

SBW5~SBW8

型式 ベアリング 使用荷重
(kg)
A
(mm)
R
(mm)
φD
(mm)
H
(mm)
B
(mm)
C
(mm)
dφ(mm) E
(mm)
重量
(kg)
番号 数(個)
SBW4F 6203z 2 1000 17 8 75 200 120 75 16 30 2.6
SBW5F 6204z 4 1500 20 10 100 280 140 90 23 36 5.0
SBW6F 6204z 4 2000 20 10 125 330 160 120 25 34 7.6
SBW7F 6305z 4 3000 24 10 145 360 180 130 30 45 11.8
SBW8F 6306z 4 3500 24 10 180 410 220 145 30 45 15.0
  • カタログ寸法は予告なしに変更する場合があります
  • 5~8はベアリング給脂用グリスニップル付
  • Fは鍛造シーブ

SBO型(オーフ式首廻り1車)
オタフク滑車

首廻りの部分が回転するため、滑車の取付方向にかかわらず、シーブの向きを自由に設定出来ます。滑車の取付向きが決まっている場合でも、ワイヤーの取り回し計画の変更に柔軟に対処ができます。
首廻りの先端は、小判型のオーフ式。ゴルフ練習場のネット張りなど、設備の一部としてご使用の場合はオーフ式をお選びください。

SBO3

SBO4

SBO5~SBO6

SBO7~SBO8

SBO10

型式 ベアリング 使用荷重
(kg)
A
(mm)
R
(mm)
φD
(mm)
H
(mm)
B
(mm)
C
(mm)
E(mm) F
(mm)
重量
(kg)
番号 数(個)
SBO3F 6202z 1 500 16 7 60 220 90 55 33 22 1.2
SBO4F 6203z 1 750 17 8 75 270 120 60 39 27 2.0
SBO5F 6204z 2 1000 20 10 100 320 140 65 44 32 3.6
SBO6F 6204z 2 1000 20 10 125 370 160 75 44 32 5.3
SBO7F 6305z 2 2000 24 10 145 430 180 90 53 35 8.6
SBO8F 6306z 2 2000 24 10 180 465 220 105 53 35 10.4
SBO10F 6307z 2 2000 27 10 230 520 285 110 53 35 14.8
  • カタログ寸法は予告なしに変更する場合があります
  • 5~10はベアリング給脂用グリスニップル付
  • Fは鍛造シーブ

SBOW型(オーフ式首廻り2車)
オタフク滑車

首廻りオーフ式の2車タイプです。

SBOW4~SBOW5

SBOW6~SBOW8

型式 ベアリング 使用荷重
(kg)
A
(mm)
R
(mm)
φD
(mm)
H
(mm)
B
(mm)
C
(mm)
E(mm) F
(mm)
重量
(kg)
番号 数(個)
SBOW4F 6203z 2 1000 17 8 75 280 120 75 44 32 3.4
SBOW5F 6204z 4 1000 20 10 100 340 140 90 44 32 5.4
SBOW6F 6204z 4 2000 20 10 125 400 160 120 53 35 8.5
SBOW7F 6305z 4 2000 24 10 145 450 180 130 53 35 12.6
SBOW8F 6306z 4 2000 24 10 180 485 220 145 53 35 16.2
  • カタログ寸法は予告なしに変更する場合があります
  • 5~8はベアリング給脂用グリスニップル付
  • Fは鍛造シーブ

SBH型(ハッカー式首廻り1車)
オタフク滑車 フックタイプ

首廻りの部分が回転するため、滑車の取付方向にかかわらず、シーブの向きを自由に設定出来ます。
滑車の取付向きが決まっている場合でも、ワイヤーの取り回し計画の変更に柔軟に対処ができます。
首廻りの先端は、着脱の容易なハッカー式があります。頻繁に着脱する場合は、ハッカー式が最適です。

SBH4

SBH5~SBH6

SBH7~SBH8

SBH10

型式 ベアリング 使用荷重
(kg)
A
(mm)
R
(mm)
φD
(mm)
H
(mm)
B
(mm)
C
(mm)
E(mm) F
(mm)
G
(mm)
重量
(kg)
番号 数(個)
SBH4F 6203z 1 750 17 8 75 280 120 50 34 23 23 2.0
SBH5F 6204z 2 1000 20 10 100 350 140 65 32 28 26 3.6
SBH6F 6204z 2 1000 20 10 125 400 160 75 32 28 26 5.3
SBH7F 6305z 2 2000 24 10 145 460 180 90 48 33 33 8.0
SBH8F 6306z 2 2000 24 10 180 500 220 105 48 33 33 10.4
SBH10F 6307z 2 2000 27 10 230 550 285 110 48 33 33 14.8
  • カタログ寸法は予告なしに変更する場合があります
  • 5~10はベアリング給脂用グリスニップル付
  • Fは鍛造シーブ

SBHW型(ハッカー式首廻り2車)
オタフク滑車 フックタイプ

首廻りハッカー式の2車タイプです。

SBHW4~SBHW5

SBHW6~SBHW8

型式 ベアリング 使用荷重
(kg)
A
(mm)
R
(mm)
φD
(mm)
H
(mm)
B
(mm)
C
(mm)
E(mm) F
(mm)
G
(mm)
重量
(kg)
番号 数(個)
SBHW4F 6203z 2 1000 17 8 75 310 120 75 35 28 26 3.4
SBHW5F 6204z 4 1000 20 10 100 360 140 100 35 28 26 5.4
SBHW6F 6204z 4 2000 20 10 125 440 160 120 48 33 33 8.5
SBHW7F 6305z 4 2000 24 10 145 480 180 130 48 33 33 12.6
SBHW8F 6306z 4 2000 24 10 180 520 220 145 48 33 33 16.2
  • カタログ寸法は予告なしに変更する場合があります
  • 5~8はベアリング給脂用グリスニップル付
  • Fは鍛造シーブ

オタフク滑車の選び方

まず、ワイヤーロープの取り回し、滑車の配置レイアウトを決めます。
次にワイヤー張力、径、種類、速度など諸条件を決めた上で機種の選定を行ってください。

シーブ径の選択

ワイヤーロープには、シーブに沿って曲げられる際に曲げ応力が発生します。この曲げ応力は曲げ半径が小さい(シーブ径が小さい)程大きくなり、疲労破断によりワイヤーの寿命が短くなります。
一方、シーブ径を必要以上に大きくすると滑車価格が高価になり非経済的です。
そこで、これらのバランスを考慮して各業界で法規や規則などで D/d (シーブピッチ円直径とロープ径dとの比)が規定されています。滑車のシーブ径の決定は、使用用途に関連した法規などをご確認のうえ決定してください。

また、シーブは耐摩耗性に優れた焼入れシーブ(Hタイプ)を用意しています。クレーン設備のように常時ワイヤーを高速で巻き取る場合はHタイプを、ネット張りのようにワイヤーをあまり動かさない場合はFタイプ(焼き入れ無し)を、ご選択ください。

使用荷重の確認

使用荷重とは、下記のとおりです。荷重よりワイヤー張力を計算し、仕様表の使用荷重以下になるようにご確認ください。

使用荷重

使用荷重とは 滑車の取付部分 (シャックル・オーフ・ハッカー)に作用する力のことを言います。
k1-9
図は
使用荷重=2Tcosθ となります
(T:ワイヤー張力 θ:ロープ角度)

例えば 井戸の釣瓶のように真上に滑車を取付けて (θ=0)荷物を上げる場合は
使用荷重=2×荷物の重量
となります

※実際には抵抗損失が発生しますので、上記の計算の5%程度の余裕を考慮してください

オタフク滑車を安全にお使いいただくために

折りピンの固定

シャックルの固定は多くの機種で、折りピン式になっております。索道などで滑車を寝かせてご使用の場合は特に、ロープ張力が0から変動する場合、荷重衝撃で折りピンが抜け落ちる場合があります。折りピンは番線などで固定してご使用願います。

シーブ溝のロープ傷

稀に、シーブ溝にワイヤーロープの形をした傷が入る場合があります。これは、焼入れシーブ(Hタイプ)の場合でも同様で、特に林業など同一荷重でも土木に比べて小さいサイズの滑車をご使用になる場合に多く見られます。ワイヤーロープが均一にシーブに当たっていないことなどが原因と思われます。
林業などでご使用の場合でも「クレーン等各構造規格」のD/dを参考に大きい径のシーブの使用をご検討ください。
当然ワイヤーロープの寿命ものびます。

滑車内角側周辺 立ち入り禁止

ワイヤーロープの引っ掛かりなど予想しない荷重が作用する場合があります。一般的には巻き上げ機に過負荷制御機能があるケースは残念ながら少数です。
従って、滑車が壊れワイヤーロープが跳ねることを前提にし、滑車の内角側周辺には立ち入らない作業計画をお立てください。
k1-12

定期点検

ワイヤーロープと同様に滑車についても定期的に点検を行ってください。